読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カリフォルニア号。タイタニックとは関係ないよ。

 先日載せた記事の内容を読んでみたので、その内容をまとめてみました。そこから見えてきたのは、ある船の運命でした。

 

 以前なにかのドキュメンタリーで、オーストリア皇太子が暗殺された事件発生時に、もう一つのニュースにアメリカでは注目が集まっていたと聞いたことがあります。その記事がちょうど同じ日の新聞に載っていたので、読んでみることに。

 

f:id:derzau24:20170212175453j:plain

見だしを訳すと以下のような感じでしょうか。

 

LINER CALIFORNIA HITS ROCK;
840 SOULS ABOARD ARE SAFE

カリフォルニア号座礁

840名の乗客 無事

Accident Off Irish Const in Fog
May Result in Loss of Craft,

アイルランド沿岸 濃霧による船舶事故
船体の損失で収束か

 

 以下、自分なりに内容をまとめてみました。

 

 事故で座礁したのは、カリフォルニア号。スコットランドの南西部の都市、グラスゴーで建造され、全長470フィート(約140m)・8662総トンの、北大西洋を航行する蒸気船です。

 

 1914年6月20日(土)にニューヨークからグラスゴーに向け、一等客室に115名、二等に350名、 steerrage(デッキ下にあり安い値段で乗船できる。居心地は言わずもがな)に375名の、計840名の乗客を載せて出航しました。

 

 ところが、6月28日、濃霧の中を航行するカリフォルニア号は座礁してしまいます。場所は、アイルランド北西沿岸のトーリー島。ここは島全体が岩がちなところで、灯台もあるものの、霧が出た時は、非常に危険な場所のようです。

 

f:id:derzau24:20170223175201p:plain

https://www.google.co.jp/maps/place/%E3%83%88%E3%83%BC%E3%83%AA%E3%83%BC%E5%B3%B6/@55.2643343,-12.703534,6z/data=!4m5!3m4!1s0x48f57e8bfa59ef79:0x82ef825bfbbfdc0f!8m2!3d55.2655024!4d-8.2303706

 

 座礁の一報は、即座に無線にてロンドンベリーに伝えられ、駆逐艦6隻が霧の中にも関わらず、全速で75マイル離れた現場に向かいました。船体は激しく損傷しており、喫水線の下に二か所大きな裂け目ができていたようです。乗り換え用の船が用意されていて、必要とあればすぐに乗客を輸送できるとも書いてあります。記事が書かれた時点では、救助にいった船からの連絡待ちなのでしょう。


 この後、カリフォルニア号は修繕にはいり、再び就航することとなります。

 

 しかし、この船は1917年2月にドイツの潜水艦によって沈められてしまいます。ドイツの無限潜水艦作戦です。この作戦によって、今まで中立の立場を決めていたアメリカが、連合国側として参戦することとなります。

 

 せっかく無事だったのに、、、、。しかも1915年には、船内で火事が起きかけたものの、とっさの判断で消し止められ大惨事を免れる、といったこともありました。しかし、ドイツの潜水艦によって、最後は沈められてしまいました。

 

 

f:id:derzau24:20170223181556j:plain

http://chroniclingamerica.loc.gov/lccn/sn83030431/1917-02-08/ed-1/seq-1/#date1=1917&sort=date&date2=1917&words=California+CALIFORNIA&sequence=1&lccn=&index=2&state=&rows=20&ortext=&proxtext=CALIFORNIA&year=&phrasetext=&andtext=&proxValue=&dateFilterType=yearRange&page=34

 

 その後カリフォルニア号を沈めた潜水艦も、撃沈されることとなります。なんだか報われませんね。

 

 ちなみに、この船。氷山に衝突し沈没したタイタニック号からの救難信号を見落としたのではないかと言われた、カリフォルニアン号とは別の船です。船の所有者がちがいます。

 

それでは。

1914年6月29日 The Sun

最近、過去の新聞をアーカイブしているサイトを発見しました。

 

歴史的事件の日の新聞を見てみようと思い、第一次世界大戦の直接的な原因となった事件が起きた日を調べてみると、、、

 

 

f:id:derzau24:20170212175940p:plain

The sun. (New York [N.Y.]) 1833-1916, June 29, 1914, Image 1 « Chronicling America « Library of Congress

 

 

おお、出てきた!!オーストリア皇太子が、当時オーストリア領だったサラエボで、セルビア人の青年に暗殺された事件ですね。

 

内容は世界史で習ったので、知っているけども、新聞という形でみると、

より現実感がましますね。

 

 

 

 

 

うーん。読むのが難しい。。。

スポーツ新聞みたいな新聞なら、もっと楽しめるのに、、、

 

でも、いろんな時代の新聞を読めるって素敵ですね。

 

それでは。

北北西ってどこ?

今年の恵方は北北西でした。

 

恵方巻きを加えながらこっちを向いた人も、多そうですね。

他にも北北西と聞いて、飛行機に追われるゲーリ・クーパーを思い出した人もいるのでは?

 

ヒッチコック監督の「北北西に進路をとれ」ですね。

www.imdb.com

 広告会社重役のロジャー・ソーンヒルが、スパイに間違われて追われる作品です。ざっくり(笑)。寝台列車で謎の美女と遭遇したり、殺人犯に仕立て上げられたり、大統領の顔の上で繰り広げられるアクション。。。もういろいろもりだくさんです。最後まで息もつかせぬ展開ですが、終わり方がスマートです。ニヤッとしてしまうこと間違いないです。

 

映画の中に、国連のロビーで待ち合わせをしていた人物が、目の前で殺されてしまうシーンがあります。こっそり殺されてしまうのです。可哀そうに。。。加えて自分が会いに来た相手が、いつの間にかナイフで刺されてて、状況的に殺した風にしかみえないソーンヒルが、可哀そうなことこの上ないです。

このシーンは、国連内部の撮影が許可されませんでした。しかし、隠しカメラで内部を撮影し、スタジオに再現して、撮影したそうです。映画人らしいですね。

 

また、見たくなってきました。

それでは!

 

 

 

ブログを始めます。

初めまして。

23歳のごくごく平凡なサラリーマンです。

 

今年は何か新しいことに挑戦してみようと思い、ブログを始めることにしました。

どんな内容をどのくらいの頻度で書くか、まだ決めておらず、いわば普請中といったところでしょうか。

 

とはいえ、おおまかなイメージとして、以下のような内容について書いていこうと思っています。

1 読んだ本の感想

 自分が読んだ本の内容や感想は、読了直後は印象に残っているものですが、時間が経つと、あっという間に記憶から消えてしまいます。もったいないですね。ですから、自分なりに内容をまとめ、本の内容をしっかりと理解し、その時の新鮮な気持ちとともに、記録していきたいと思います。以前読んだ本の内容を振り返ることもしていこうと思います。

2 映画

 1番と同じ理由ですね。

3 ニュースの深堀り

 社会人になり、世の中のしくみやルールなどに関して、自分がいかに無知かということを、身に染みて感じる機会が増えてきました。日々のニュースや、世の中の風習、マナーなどを自分なりに調べてまとめてみることで、恥ずかしくない社会人になろうという魂胆です。

4 日々の徒然

 その日の出来事、思ったことを書いてみるのもいいかと。

 

 以上のような内容を、気ままにかいて行こうと思っています。自分の独りごとに近いかもしれませんね。